Search in:

看護婦の求人

看護婦の求人情報は専門のサイトや求人誌を含めると多数あります。
実際看護師資格を持っているのに就職できない人はほとんどいません。
しかし近年医療の発達により看護師の仕事もより専門化、細分化しておりブランクが長い場合は職場復帰できても仕事内容についていくのに苦労するということは言えると思います。
最近の傾向として介護、福祉分野で看護師の求人が増えています。
以前は看護師と言えば活躍の場はほとんどが病院でした。
しかし少子高齢化が進む中、介護施設や福祉施設が急増しておりそれに伴ってこれらの現場での看護師のニーズが高まっているのです。
病院では医師の補佐が主な看護師の仕事です。
これは病院が病気を治すことを目的としている施設であるからです。
看護師は医療行為をすることはできませんのでどうしても医師の補佐役となってしまうのです。
しかし介護や福祉の現場では病気を治すというよりも身体の不自由な人や認知症の患者を介護・看護することそのものが重要な役割を果たします。
その意味では病院よりも看護師にとってはやりがいのある環境と言えるでしょう。
以前は紹介が多かった看護師の就職ですが、現在はインターネットでも多数の看護師求人サイトがありますし、ハローワーク、専門誌などもありますので多数の媒体の中から条件を見て自分に合った職場を探すことができます。
今はとても不景気で、大学を卒業した若者でも、仕事がない人がたくさんいます。
私が大学を卒業したのは、かなり前のことですが、その時も、就職をするのが大変だったので、就職活動をしていた頃のことは思い出すだけでも辛くなってしまいます。
そんな中でも、看護婦の求人は常に多く、給料も一般的な女性よりは高いと思います。
でも、それは、看護婦の仕事が精神的、肉体的に大変だから、辞めていく人も多いことを意味していると思います。
私は朝、出勤して、夕方には終わる土日休みの事務の仕事しかしたことがないので、その他の仕事のことは、よくわかりませんが、看護婦は大きい病院に勤めた場合、時間が不規則で、夜勤もあり、休日が決まっているわけでもないと聞くと、体調管理が難しいだろうと思います。
仕事の中で、人が亡くなることもあるでしょうから、精神的にもつらそうです。
そういった仕事であるから、ある程度は給料が良く、待遇も良い所に転職したいと考える人も多いのだろうと想像できます。
看護婦の求人はこんなに不景気な時でも多いのは、うらやましいなと、思うこともあるでしょうけれど、その背景にある事情を考えると、求人が多いのは当然のことなのかもしれません。